2014年8月16日
体育祭準備

永らく失礼いたしました。
システムが今一つですが、
トライアルでアップしてみます。

image

先に開かれた本校オープンスクールでは、
書道部の皆さんが
来校者の方のために
書道体験のコーナーを設けてくださいました。
 

そこで
私も
 

来るべき体育祭に向けて
一筆。
 

image

 

各色を応援する メッセージを
したためました。
 

裏には
応援団長へのメッセージ。
 

image

 

これから秋へ向けて
聖徳祭(文化祭)、体育祭へと
生徒たちが走り始めます。
 

応援しまくります!
 
 

2014年5月21日
すみません。

しばらくアップしておりませんで、申し訳ございません。
実は、写真をアップロードする機能が不具合で、現在調査、修理中です。
卒業式以降、入学式、学習オリエンテーション等、ご報告しなければならないいくつもの行事がありましたが、復旧し次第またご報告したいと思います。
中学生のオーストラリア修学旅行や各学年の北蓼科校外学習も行われます。
それぞれの写真は、学校ホームページに載ると思います。
さしあたりそちらをご覧になり、私の本ページはまた復旧し次第ご覧いただきますようお願い申し上げます。

毎週水曜日は、
厳粛なる職員会議の日。
 
のはずでしたが、
先週は、会議の前に

image

「先生、今日は壮行会をやります!
くす玉もあります(笑)。」

 
そう、日曜日は東京マラソン。
本校から 二人の先生が出走するのです。

 
で、題名の「おかしな…」ですが、
出走する先生がおかしい訳では
もちろん ありません。

 

image

 
横断幕も いたってマジメ。

 
が、送り出す方は??
 
みんなでたすきに応援メッセージ。

image

この辺は まだマシ。
 

image

これって応援?

 

image

(笑)

 
私も一筆添えました。

image

image

 
かなりふざけてるようでもありますが、

image

image

image

みんなで あたたかく送り出しました。

image

 
で、日曜日。
二人は 見事完走。(拍手っ!)
良かったですね。

image

 
 
 
 

2014年2月13日
マラソン大会 2

(前回からの続きです。)
 

さあ、スタートです。

 
号砲と同時に
押し寄せてきて、

image

image

 

 
一気に駆け抜けていきます。

 

image

私も最後にスタート。
今年は、人手が足りなくて
レースの様子は、私が走りながら撮ることに(涙)。

 
それにしても遅い、

image

 
私が(苦笑)。
あっという間においていかれました。

image

 

 
走っているうちに、
授業をやっていた高校生が
休み時間に。

image

 

「ガンバレ~!」
「ファイト~!」
窓から応援してくれます。
これも毎年の光景。
嬉しいね。優しいね。

 
「先生もがんばって~。」
私が近づくと、やはり応援してくれます。
ここは御礼に一枚パシャリ。

image

image

いかん、いかん、ますます遅れる。
という訳で、ここからスパート。

 
がんばってゴールしました。
が、時すでに遅し。

image

かなりの生徒がゴール済み。

 

image

 
水分も

 

image

 
補給済み!?

 
ん?
前列左端の生徒、「ぶいっ (^^)v 」じゃなくて
パー。
聞くと、5位だったそう。
 

パー じゃなくて 「5」 だったんですね。
おめでとう。

 
さて、水分補給のあとは
糖分補給!(笑)

 

image

image

 
ふだん お汁粉を食べる機会は
ほとんどありませんが、

image

美味しいです。
みんなで食べるから、なお美味。

 
留学生も無事完走。

image

楽しかったみたいで
何より。

 
当日は、保護者の皆様も 大勢

image

応援に駆けつけてくださいましたが、
もちろん保護者の皆様の分も
あります!

 
こういう時に
すぐに反応してくれるのも
聖徳生の良さ。
 

「私たちが
(保護者へのお汁粉の配布を)
やりますよ。」

 
買って出てくれた 二人。

image

image

image

 
ほんとうに ありがとう。

 
保護者の皆様も
最後までの応援、

image

image

 
ありがとうございました。

 
最後に 室内に戻り
表彰式。

image

 
入賞した皆さん、
おめでとう。
よくがんばりました。

 
もちろん、がんばった全員にも
拍手!

 
最後は
一日手伝ってくれた6年生に
みんなで御礼を言って、

image

 
大会は終了。

 
充実した一日になりました。

 
応援してくださった皆さん、
お手伝いしてくださった先輩、
裏方で支えてくださった先生方、
ありがとうございました。
改めて御礼申し上げます。
 
 
 

 

 

2014年2月12日
マラソン大会

image

中学生のマラソン大会が行われました。

image

天気もgood!
 
生徒たちは、
入試で学校が休みになる前から
今日のために練習をしてきました。

 
もちろん、私も 12月くらいから
ちょこちょこ走り始め
年明けからは、けっこうマジメに
準備してきたつもり。

 
とはいっても、

image

3000mですから、
走れる生徒にとっては
あっという間に走り切ってしまう距離です。
 
コースの準備も

image

 
OK。

 

image

 
受験の終わった6年生が
お手伝いに登校してくれました。

image

image

6年のみんな、
朝早くから アリガトな。

 
恒例の お汁粉づくりも

image

 
白玉も

 

image

 
準備 OK。

 

image

 
3年生のみんなが
美味しく作ってくれました。
サンキュー。

 
えっ?
なんで美味しいってわかるのか、って?

 
それは
「よ~し、何かあっちゃいけないから
毒味しちゃる~。(笑)」
って言って

image

 
走る前から いただいたからです!(笑)

 
まずは 体育館で

image

 
諸注意。
そして、グラウンドへ。

image

image

 
相変わらず
こんな時でも きちんとしてるのが、聖徳生。

image

誰も 何も言わなくても
体育館履きは 自然ときちんと並べます。

 
上級生を見ているので

image

1年生も きれいに並べています。

 
確かに 礼法指導のおかげかもしれませんが、
当たり前のように
さりげなくこうして立ち去る生徒たち。
嬉しく思いますし、
誇らしく感じます。
 

image

外に出たら、開会式です。

 
準備運動も

image

念入りに。
 
アップも済ませ、
いざスタートラインへ。

image

image

 
先生方も走ります。
(まだ余裕の表情。)
 

image

 
オーストラリアの姉妹校、
MLCからの交換留学生も走ります。
(このユニフォームはMLCのもの。
実は、偶然ですが
MLCのスクールカラーもブルーなんです。)

 
さあ、スタートです。

 
(時間がなくなったので、
続きは次回に。
今日はここで失礼します。)

 

今年も
千葉大学主催の
数理科学コンクールに
image

本校の中学生が
入賞しました。

 
銀欅(ぎんけやき)賞です。
image

 
高校生の受章が多い中、
本校では 毎年 中学生が応募。
そして、受章しています。

 
このコンクールは
単に数学の問題を解くようなコンクールではなく、
与えられた課題に
何時間もかけて 自由な発想で
オリジナルな解答を導く、
というもの。

 
今年の彼女たちの選んだ課題は
「よく上がる凧」だったとか。
(詳しくは、HP「お知らせ」欄
11月3日号を御覧ください。)

 
「やわらかな知性」を持った生徒たちが
中学生の段階から
こうして広い「知の世界」で
積極的に 自分たちの力が
どこまで発揮できるか に
挑戦してくれていることに、
 
大変嬉しく思っていると共に
頼もしく感じています。
 
image

おめでとう。

 
後輩たち、
来年は君たちの番だ。
がんばれ!
先生たちも応援しますよ。

 
 

2013年12月4日
ターナー展

image

テレビのニュースで
上野の東京都美術館で行われている
ターナー展が、
来場者数 20万人を越えた、と
報じられていました。
 
このターナー展、
11月に、1年生全員で
案内してもらった展覧会です。

 
image

 
image

 
「案内してもらった。」というのは、
生徒たちはただ見学に行ったのではなく
image

 
東京都美術館と東京藝術大学が協力して行っている
image

アート コミュニケーション プログラム
という特別なプログラムに
参加させていただいたのです。
image

 
image

鑑賞のために
「とびラ―」と呼ばれる
お手伝いの方が大勢時間を割いてくださいました。
image

 
とびラ―の皆さんは
何かを教えるのではなく
image

生徒たちの自由な感性を
殺さないよう
特段の配慮をしてくださり、
image

 
image

 
image

しかし、鑑賞のためのインフラとしての資料は
素晴らしく整えてくださっていました。
(写真は、フロアーの案内図。
全絵画がどこにあるかが瞬時にわかります。)

 
image

image

image

生徒たちは
小さいグループに分かれ、
丁寧に美術館の歩き方を指導していただき、
image

案内してくださいました。

 
1年生にとっては
「大人の鑑賞者」として美術館を巡る
とても良い機会を与えていただけました。

 
まさに 感性の扉を開ける
貴重な一日を過ごすことができました。

 
とびラ―の皆さまをはじめ、
お世話いただきました美術館の皆さまに
厚く御礼申し上げます。

 

秋になりました。
大学受験が始まりました。
 
先に、早稲田大学や上智大学から
指定校がきたことをご報告しましたが、
それらの大学より早く
合格の知らせが届き始めました。
 
image

 
慶應義塾大学や
 
image

 
筑波大学をはじめ
(筑波の理系は初めてです。)

 
image

 
image

 
文系、理系の両方で
努力の結果が実を結んでいます。

 
image

 
まだまだ受験は始まったばかり。
これから多くの6年生が
それぞれの目標に向かって
チャレンジしていきます。

 
私は  ただただ生徒たちを応援するのみ。
全員の合格を祈り、応援していきます!

 
 
 

image

聖徳の体育祭には
「十人十一脚」という
ユニークな種目があります。
 
その名の通り、

image

十人で脚を結んで
二人三脚よろしく走る、

image

というもの。

 
では、どこがユニークか?
実はこの種目、競技ではありません。

image

写真を見てお分かりの通り、
赤青混成のチームです。
 
このチーム、友和班という
清掃班が単位なんです。

 
友和班は、
学年縦割りのメンバーで構成されており、
全ての班に原則として
1年生から6年生までが1人は所属しています。
毎日の清掃は
班長の6年生がリーダーとなって
下級生をまとめ、
分担エリアを清掃するのです。
 
ですから、赤青混成、
色別の得点には加算されませんが、
タイムは競います。

 

image

練習の時
(って、掃除しないで練習してた?(笑))
から、
リーダーの声がけで
「よーい」、(ドン)、「イッチ、ニッ、イッチ、ニッ」
と足並みを揃えるトレーニング。

 
学年を越えて、心を合わせます。
(実際に走ると、1年生と6年生では
かなり身長(=ストライド)が違うので、
この種目、簡単そうで結構難しいんです。)

 
で、次々とスタートし、
最後、トリをつとめたのはこのチーム。

image

「チーム美化委員」。
学園美化の大元締めです。

 
松戸市は、ゴミが8分別。
彼女たちは、毎日校内から集められて来るゴミを
きっちり分別。

image

(この写真は、聖徳祭の時の
彼女たちの雄姿?です。)

 
スタート前に近づくと
「先生、私たちは美化委員なので、
掛け声も違うんですよ。」
「??」
 
美化だから違うって何のこと?
 
「私たちは「よーい」、(ドン)、

「イッチ、ニッ」ではなくて
「ゴミは~」、(ドン)、「ブンベツ、ブンベツ」
なんです。」
 

image

 

image

 

image

 
で、本当に「ブンベツ、ブンベツ」って言いながら
飛ぶように駆けっていきました(笑)。

 
 

2013年10月19日
体育祭 2

両軍の死闘?の様子のご報告は
別の機会にするとして、
 
とにもかくにも、体育祭の全ての種目が終了しました。

 

image

 
それまでの得点が隠され、
得点盤に「HIMITU(秘密)」の文字が表示され、(笑)

image

 

image

 
5年生の美しいダンスが披露されている間に
得点が集計。
閉会式で発表されました。

image

 
結果は赤組の勝利。

image

表彰のあと、
青組団長が赤組団長を讃えます。

 

image

 
そして、二人で「チーズ!」。

 
でも、やっぱり負けた方はつらい。

image

閉会式終了後、
団長は、自陣のチームメートに囲まれながら
泣き崩れてしまいました。
きっと負けてしまった責任を感じてたんでしょう。
みんな、一生懸命やってがんばったんだから、
そんな責任を感じる必要なんて無いのに。

 
でも、その涙は
本気で一生懸命やった証です。
適当にやってる者には、その涙は出せません。

 

image

 
団長からみんなに「ありがとう。」
 
みんなも団長を称えます。

image

 
一方、勝った赤組は

image

団長を囲んで
 

image

勝利の雄叫び。(雌叫び?)
 
で、実は両軍、
閉会式後、離れて
それぞれのチームミーティングをしていたんですが、

 
しばらくして、どちらかともなく、

image

 

image

 
お互いに
「よくがんばったね。」
「ありがとう。」
「楽しかったね。」
の声が上がり、

 
次の瞬間、
二人の団長が駆けよって

image

 

image

写真の通り。

 
ホントに  ウチの生徒たちは。
 
この子たちのためなら
何でもやってやる!
って思わずにはいられない生徒たちです。
 

image

 

image

良い一日でした。
すばらしい時間をありがとう。