2014年4月3日
彼女たちの卒業式

チーム29期生の卒業式。
式は厳かな雰囲気の中、
感動的に行われました。
 

image

 
代表生徒たちも
立派に有終の美を飾ってくれました。
 
 
あれから1ヶ月。
 
振り返ってみると、しかし、
彼女たちの卒業式は
はるか以前から始まっていたんだなぁ、
と思わざるを得ません。
 

 
9月の聖徳祭。
6年の部屋では
 

image

 
彼女たちの色紙が貼ってありました。
 
見ると
こんな言葉の数々。
 

image

image

image

 
彼女たちの卒業式は
この時にもう始まっていたんです。
  
 
卒業前に
思い出の校舎をきれいにしてくれるって言って
 

image

  
日頃掃除が行き届かないような所を
きれいにしてくれたり、
 

image

image

  
卒業の記念に植樹をしてくれたり、
 

image

image

  
保護者の謝恩会での
サプライズ ビデオグリップを用意してくれたり、
 

image

image

image

 
卒業直前には
いろいろなことをしてくれましたが、
すべては

 

image

image

  
すでに 秋ごろには始まっていたんです。
 
今 思えば
彼女たちのこの言葉こそ
卒業前の様々な「してくれたこと」の
原点だったんです。
 
 
その卒業式も
大学入試のために 当日出席できなかった
二人の生徒のための、
 

image

 
二人だけの卒業式をもって
完全に終了しました。
  
勉強も忙しかったはずなのに
ともかく何にでも 前向きに
楽しく取り組む学年でした。

 
そう言えば 卒業前の大掃除も
クラスをAKBに分けてたし。(笑)

image

 
なんてことを思い出しつつ
校舎も静かで寂しいなぁ、
なんて考えながら
職員室で新年度の準備をしていたら
 
なんか外の廊下がうるさい。

 
「せんせ~、同窓会やりま~す。」
「調理室、借りま~す!」

image

 
って、同窓会の最速記録かよ? (笑)。

 
  
  

 

毎週水曜日は、
厳粛なる職員会議の日。
 
のはずでしたが、
先週は、会議の前に

image

「先生、今日は壮行会をやります!
くす玉もあります(笑)。」

 
そう、日曜日は東京マラソン。
本校から 二人の先生が出走するのです。

 
で、題名の「おかしな…」ですが、
出走する先生がおかしい訳では
もちろん ありません。

 

image

 
横断幕も いたってマジメ。

 
が、送り出す方は??
 
みんなでたすきに応援メッセージ。

image

この辺は まだマシ。
 

image

これって応援?

 

image

(笑)

 
私も一筆添えました。

image

image

 
かなりふざけてるようでもありますが、

image

image

image

みんなで あたたかく送り出しました。

image

 
で、日曜日。
二人は 見事完走。(拍手っ!)
良かったですね。

image

 
 
 
 

2014年2月19日
大雪 明け

image

 
2月8日(土)は、大雪のため臨時休校。
明けて10日(月)に学校は再開しました。

 

image

image

 
生徒たちは、嬉しそうに登校して来ますが、
日曜日を挟んだため
雪はカチカチ。

 

image

 
踏んでも へこみません。

 
もし、今日(10日(月))雪かきを、
となったら きっと大変だったでしょう。

 
しかし、ありがたいことに
守衛さんたちが、雪が柔らかいうちに除雪をし、
生徒たちの道を確保してくださっていました。

image

image

 
ウチの学校は、24時間シフトを組んで
守衛さんたちが常駐していますが、
この守衛さんたち、
ホントにいい人ばかりで、
門の回りに花の植木鉢を置いてくれたり
横断歩道の交通整理をしてくれたり。

 
広大な敷地をガードするのだけでも大仕事なのに、
生徒のためにホントに尽くしてくださいます。

 
とはいえ、少しでもスムーズに生徒たちが通れるように と、

image

先生方も 朝から雪かき。
通路を広げます。

 
と、そこへ

image

お手伝い生徒が。

 
先生方の雪かきを見て、

image

教室にも行かず
手伝ってくれました。
 
雪かきは けっこう重労働なのに

image

ホント 優しいですね。
ありがとう。助かりました。

 
いつも思うのですが、
ウチの生徒たちには 本当に
「自分より周りを優先する。」
「他人に尽くすことを厭わない。」
という 心が
浸透しているんだなぁ、と感じます。

 
この心、この姿勢は
先輩から後輩へと
校内に脈々と受け継がれています。

 
先輩の背中を
後輩たちは見てるんですね。
 
今日、こうして手伝ってくれている生徒の姿も
必ず後輩たちに引き継がれていくものと、
私は確信しています。
 
まぁ、そうは言っても
雪は雪で楽しいもの。

 

image

image

雪とじゃれ合うのも また
普通の乙女?の姿。

 
家の前の道では(恥ずかしくて?)やらなくても
友達と会えば はしゃぎますよね。

 
雪合戦くらい

image

やります。(笑)

 

image

(ホント 無邪気で楽しそう。
 
って、気づきましたか?
この子たち、
とくにクラスメートって訳では ないんですよ。
背中のセーラーカラーの色が違いますでしょ?
中高生混淆チームでした。
こういうところも
ウチのスクールカラーですね(笑)。)

 
明日(11日)は、
中学校の新入生ガイダンス。
来春入学予定の小学生たちが 登校します。
 
歓迎の意を込めて

image

書道部の生徒たちが
雪だるま ならぬ「雪トトロ」を作ってくれました。

 
けっこう凝った作りなので
きっと時間もかかったでしょう。

image

冷たかったと思いますが、
ありがとう。

 
優しい先輩たちが
新入生を楽しみに待っていることが
よく伝わってきますよ。

 
(ちなみに しっぽも作ったそうです(笑)。)

image

 
明日はきっと(=必ず)晴れますね。

 
 
 

2014年2月3日
中学入試 2

image

毎年のことですが、
中学入試の時には
本校の「保護者茶道部」の皆さんが
初釜を炊いてくださいます。

 
以前にも書きましたが、
本校は
「保護者の皆さんもご一緒に入学なさったおつもりで
学園生活を楽しんでください。」
という学園ですので、
保護者にも部活(=サークル)があるんです。
 
もちろん参加は任意ですが、
大勢の方が色々なサークル活動を
楽しんでいます。

 
この初釜は
試験の終了を待つ間、
保護者の皆様には

image

せめて 心静かに
ひとときを過ごしていただければ、との
ご配慮で、数年前から始められました。

 
「せっかくだから、
先生も召し上がっていって。」
「いや、私は仕事がありますので…。」
と、一旦はお断りしたのですが、
「まぁ、そんなことはおっしゃらずに。」
とすすめられ、
美味しそうなお菓子にも釣られて(笑)
ごちそうになりました。

 
すると、
出された御碗がなんと!
(ちょっとこの展開が多いですか?(汗))

image

「お多福」。
(こいつは春から縁起がいいやぁ。
って、急に江戸っ子?(笑))
 
「どう?センセ。かわいいでしょ?」
「そ、そうですね。(・・;)」
(しかし、どうやって飲むんだ?
回したら、サイドは丸くないぞ。)

 
「何考えてんですか?
軽くちょっとだけ回して飲んでくださいな。」
了解。

 
という訳で
私も一服ごちそうになりました。

image

 
 
茶道部の皆様、
お忙しいところを
着物までお召しいただいて御協力賜り
誠にありがとうございました。

 
皆様にも
多くの福が訪れますことを
お祈り申し上げ、
御礼の言葉とさせていただきます。

 
 

2014年1月31日
中学入試 1

image

中学入試が行われました。
 
image

まだ夜も明けきらぬ
image

早朝。

 
私たちはもちろん当たり前のように
出勤しますが、

 
なんと!
こんなに早くから
学習塾の先生も。
image

image

 
学習塾は勤務が夜なので、
早朝からの応援は 大変だと思いますが、

 
image

毎回 朝早くから 駆けつけてくださっています。

 
image

 
以前は、塾の先生方は
校門の所で応援してくださっていたのですが、
今は玄関の中に入っていただいています。
 
外は寒いことと
本校は学校の中が広く
駐車スペースもたくさんあるので、
受験生は車で来ても良いことになっており、
image

 
車で来た受験生が
校門を素通りしてしまうからです。

 
受験生を応援する先生方の温かい気持ち。
ありがたいことです。

 
私たちも ささやかではありますが
温かいお茶を用意したり、
ホッカイロを差し上げたりして、
労をねぎらいます。

 
image

私も がんばった受験生に敬意を表して
合格メッセージ。

 
入学したら、
いつぱい勉強して
いっぱい遊びましょうね。

 

 

2014年1月16日
聖徳成人式

image

1月13日 成人の日、
今年も「聖徳成人式」が行われました。
image

場所は例年通り
聖徳大学10号館 14階の
ホテル ニューオータニのバンケット。

image

松戸駅前 徒歩0分。
和服でも ほとんど歩かなくて良いので、
いたって便利です。
(写真は駅のデッキからのもの。
ホントに近いんです。)

 
昨年は大雪で大変でしたが、
今年は 快晴。

 
卒業生たちも
image

 
順調に集まり
 
image

 
みるみる会場は賑やかに
そして、華やかに。

 
定刻になり、開会。
始めに 私から
image

「お帰りなさい。
みんな元気そうで何より。
みんなに会えて嬉しいよ。」
「後輩たちも
みんなに続けとがんばっているよ。」
などと話し、
(実は、この学年が 初めて
早慶上理に のべではなくて
進学数で2ケタいった学年だったんです。)

 
image

image

「自律」という言葉を送りました。

 
二十歳なので、
普通なら「自立」なのかもしれません。

が、それは当たり前、
言わなくてもわかっているでしょう。
だからあえて私は
礼法で学んだ「自らを律する心」を
忘れないでほしいという願いから
「自律」としました。

 
image

萩原副校長による 乾杯。
乾杯するやいなや
image

おしゃべり全開。

 
image

image

image

写真も全開(?)(笑)
 
美味しいデザートや軽食、
ケーキなども用意され、
image

image

話は尽きません。

 
クラスごとに写真を撮ったり、
image

(始めの方のクラスは
真面目モード だったんですが)
image

(だんだん地(?)が出て)
image

(結局 高校生?(笑))

 
4年生(高1)や中学の時のクラスで
写真を撮ったり。
image

image

 
「みんな、
こうして(目を開けて)見てると
綺麗で大人に見えるけど、
目をつぶって声だけ聞いてると
食堂(ジキドウ)にいるみたいだぞ。」
と言ったら、
笑い声。

 
いつまで経っても
同級生は同級生なんですね。(笑)
 
時間になって、閉会しましたが、
玄関先でも
image

image

写真、写真。
 
大変楽しく、
有意義な時間を 過ごすことができました。
 
image

 
みんな、ありがとうね。
また、集まりましょう。

 
 

夏休み中の教員研修会の時のこと。
最終日にレクリエーションをやるのですが、
(以前、綱引きの綱をピンクにした話を書きましたが、
その同じ日です。)
担当教員が
「次のレクは玉入れです。
が、ディフェンス付きです。」

 
ディフェンス付き??
 
「ふつうの玉入れでは、入り過ぎてしまうので。」

 
で、出してきたのが
バドミントンのラケットを先端に付けた長棒。
これでディフェンスするそうです。

 
さっそくやってみました。

image

 

image

 
が、入る、入る。(笑)

image

image

カゴがすぐいっぱいに。
 

「ダメだ、こりゃ。」
担当教員が終わり際につぶやいたのを
私は聞き逃しませんでした。

 
企画倒れ?(笑)

 
ところが、どうでしょう?
体育祭本番、4年の玉入れ。

image

なんと、
復活しているではないですか!?(笑)

 
で、やってみました。

image

 

image

 
効果有り?
だって、手がデカイもん。
(あの先生、反省したな。(笑))
 

image

 
 
 
 

夏の教員研修の一環で
レクリエーションをやりました。
 

体育祭へ向けての下ごしらえの意味もあるとのことで、
綱引きをやるとのこと。
 
で、用意されてた綱を見ると

image

な、なんとピンク!
「古くなったので、買い換えました。
かわいいでしょ?」
と、体育教師は涼しげな笑顔。
 
もちろん、強度に問題無し。

image

男子戦でも大丈夫。
 
女性陣は

image

円陣組んで

image

裸足になっての本気モード。(笑)

image

ウチの先生らしいや。(笑)
何をやるにも、本気で全力。
 
でも、ピンクは女子校らしくて良いでしょ?
なんて言うけど、
たしか綱引きは、保護者競技だったような気が。(汗)
 
 
(絶対、次のネタもあると思われるので、
今回はあらかじめ題にナンバーをふっておきました。)
 
 

2013年9月2日
日傘

image

夏の日射しは乙女の敵?

 
ウチの生徒たちは
日傘愛用者が多いかも。

image

今年が特に暑かったから、
という訳ではありません。

image

以前から、そうなんです。

 
そして、日傘愛用者に
文武の別け隔てがないのもまた特徴。
(女子校だから、文武って言わないか。
要するに「文化系」と「運動部系」のことです。)
 
日傘だから文化系の生徒ばかりかと思えば
さにあらず。
ふだんは灼熱の炎天下、
グランドで汗を流す運動部系の生徒たちも
愛用者です。

 
部活で日射しを浴びている分
かえって避けたいのかな?

image

いずれにしても
日射しの浴び過ぎには要注意ですね。

 
 

2013年9月1日
アラサー同窓会

image

8月31日(土)
17期生の同窓会が開かれました。
 
場所は

image

松戸駅前  徒歩0分、聖徳大学10号館です。

 
17期生は、今年30歳。
だからアラサー同窓会という訳です。
(学校も30周年ですから、
学校と同い年です。)

 
聖徳では
二十歳の「聖徳成人式」、
四十歳の「アラフォーの会」と
節目節目に同窓会が開かれていて
旧交を温めています。

 
時間とともに
卒業生が続々と集まり
開会です。

 
まず私の方から挨拶を兼ねて、
卒業後12年間の学校の様子を報告。

image

制服が変わったよ、とか
ジャージもアディダスになったんだよ、
などと話すと、
その都度どよめきとも歓声?とも取れるような声が。

 
一番反響が大きかったのは、
中学生の修学旅行がオーストラリアになった話題と、
制服の変更に伴い
マフラーが、スクールマフラーがなくなり
自分の物をしてきてよくなった話題かな?

羨ましかったみたい(笑)。

image

久しぶりに顔を合わせた級友や先生と

image

写真を撮ったり、
おしゃべりに興じたり。
 

image

予算も少なかったのに
美味しい料理やデザートを出してくださった
ホテルニューオータニさんにも感謝です。

image

限られた時間でしたが、
楽しい時間を過ごしました。

image

みんな元気にしていて、
それが一番嬉しかったです。
(記念撮影の際に、私のカメラで撮るのが遅く
全体がバラけてしまってからの写真に
なってしまいました。
申し訳ありません。)

 

image

今日のこの日のために
一人で準備に尽力してくれた幹事役の彼女には
感謝、感謝です。

 
本当にありがとう。
(大変だったと思いますが、次回もよろしく!(笑)
アラフォーなんて言わないで、
もっと早くやりましょう。
大丈夫。次はもっと大勢に声かけて
みんなで準備するようにしますよ。(笑))