2013年10月3日
聖徳祭 1

9月28日、29日の両日、

image

晴天の下、
聖徳祭が開かれました。
 
校門のアーチも完成。

image

今年は
30周年シンボルマークを
アーチに表現してくれました。

 
担当は、5年生。

image

 
ずいぶん前からペンキだらけになって
準備してくれてました。

image

自分たちのクラスや部活の発表もあったはずですが、
力を合わせて完成させてくれました。
感謝です。

 

image

 

image

 
クラス、学年、部活、有志と
参加団体も多彩。

image

 

image

 

image

シンボルポスターを囲んでの
ファンファーレで
聖徳祭のスタートです。

 

image

各参加団体の紹介から始めるのですが、
初っぱなからハイテンション。

 
自分たちの団体を見に来て、と
猛アピール(?)。

image

(「来てね~!」って言っているのが
写真の中から聞こえるでしょ?(笑)。)

 
私が個人的に一人で受けてたのは
水泳部。
だって、壇上でふと見たら

image

 水泳帽にゴーグル。(写真左端にいます。)
水泳部だからそれは当たり前で
笑ってはいけないのですが、
首から下が普通の高校生のウェアに
水帽+ゴーグルが何か滑稽で
つい、クスッとなってしまいました。
(関係者の皆さん、失礼。)

 
で、ひそかに注目していたら
自分たちの紹介の番になったら
元気、元気(笑)。

image

 

image

隣のバスケ部も一緒になって
 

image

大パフォーマンス。
 

image

 
会場の喝采を浴びてました(笑)。

 
素晴らしい一日が始まる予感に満ちた
開会式でした。
(つづく)

 
 

 
 

2013年8月21日
学習合宿

image

本校では、毎年3泊4日で学習合宿を行っています。
場所は茨城県守谷市の
セミナーハウス常総。

image

「自己の限界に挑戦。」
が合言葉。
5科中心で
日本史・世界史と理科系科目は選択です。

image

 

授業は夜まで。

image

そして、ここには書いてありませんが
それ以降は各自エンドレスで自習します。
 
選択科目は少人数。

image

 

image

 

image

 
内容の濃い授業が展開されます。
 
生徒たちも真剣。

image

 

image

ノートも緻密に取ります。
 
食事を待つ間も

image

自習。
(すみません。正直に言います。
この写真は2枚目です。
実は、最初彼女たちが自習しているのを発見して、
「お~、やってるなぁ!じゃあ、写真撮るぞぉ。」
って言ってカメラを向けたら
笑っちゃって

image

1枚目はこんな写真になっちゃったので、
「それじゃあダメじゃないか!
さっきの顔、再現。」って言って
撮り直しました。(ペコリ))

 
並んでいる時も

image

自習。
 
食事の間すら

image

テキストを離しません。

 

image

教員もご褒美を用意。
単語テストのトップ賞には
金のブックカバー。

image

パソコンで取り込んで
作ったそうです。
(しかし、今どきの女子高生が
これを喜ぶんだろうか??
金ですよ、金(笑)。)

 

image

私からは、お菓子の差し入れ。
脳に糖分補給です。
キットカットはお決まりのアイテムですが、
今回はお菓子屋でこれを発見。

image

懐かしの「ソース煎餅」。
(って、このお菓子、
こんな名前で良かったんだっけ?)

image

袋に「合格」「安心」って書いてあったので、
つい買ってしまいました。(笑)

 

image

明るく、面倒見の良い先生方のもと、
一回り大きくなって学校に帰ってくるのを
楽しみにしていますよ。

image

 
 

8月11日(日)の吹奏楽の本選の結果、
今年も本校吹奏楽部が県代表に選ばれました!

image

この写真は、予選の演奏前のもの。
ご覧の通り、メンバーはリラックスムード。

image

さすがにリハーサルの時は
緊張感がみなぎっていましたが、
演奏が終われば

image

すぐにいつものテンション(笑)。
 

楽しんでいることが
ウチのチームの良さであり、
強さの源かな?と感じます。
 
加えて、

image

大勢の保護者の皆さまのサポート。

image

(追っかけではありません(笑)。)

私が学校に出勤すると
東関東大会に向けて早速練習していたので、
「おめでとう!」と声をかけると
すぐに「はい、チーズ。」

image

いつも当たり前に思っていましたが、
写真を撮ってみて改めて気づかされました。
 

この中高生の一体感、
中高生の分け隔てのないチームワークこそが
最大の強みなのではないかと。
 

東関東大会でも、頑張れ!

 

前に、早稲田大学から指定校をいただいたことを
ご報告しましたが、
今度は、上智大学からも指定校を
いただきました。
しかも2名!
 
以前、聖徳祭(文化祭)の際に
遊びに来てくれた
上智大学に進学した卒業生たちが、
真顔で報告してくれた会話を
思い出しました。
 
「先生、私たち聖徳生は、
みんなすごい真面目に大学生してるんですよ。」
「何だよ、真面目に、って?」
「勉強ですよ。」
「偉いじゃん。大学入っても
勉強しないで遊んでばっかりのが
いっぱいいるのに。」
「良い成績取って、聖徳に指定校が
来るようにしよう、って
みんなで言ってるんです。」
「そりゃ嬉しいなぁ。
まぁ、指定校のことはともかく、
せっかく大学に入ったんだから、
しっかり勉強してくれ。」
 

あの時は、こんな風にして会話を
終わらせてしまいましたが、
それが現実になりました。
 

ここ数年で10名以上上智には
進学していると思いますが、
卒業生一人ひとりが母校のこと、
後輩のことまで考えて
学生生活を送ってくれていることに
感謝感激です。
 

image

さっそく進路指導室に貼り出しました。
 
後輩の現役聖徳生の皆さん、
指定校は先輩たちが築き上げた
大きな財産です。
先輩たちに感謝し、
先輩たちから受け継いだ財産を
さらに大きくして
次の後輩たちにつないでいってくださいね。

image

 

image

(進路指導室のベランダの花です。
生徒たちにも、見事に花が咲くように
これからも応援していきます。)
 
 

image

先ほど進路指導部の先生が私の自席に。
「見てください!」
「ん?」
「もらったんですよ、指定校。早稲田から。」
「お~、すごいじゃないか!!
生徒たち、ここ数年ずっ~と頑張ってたモンなぁ。良かった、良かった。
卒業生のおかげだね。」
「そうですよね。ホント頑張ってきてましたからねぇ。」
 
勉強のことは日常的過ぎてあまりブログで紹介してきませんでしたが、
実はウチの生徒たちは大学受験の面でも
地道な努力を積み重ね、
素晴らしい実績を上げてきているんです。
早稲田大学にも毎年何名もの生徒が受験し、
合格を積み重ねてきました。
その成果が形になったのだと思います。
 
次に続く6年生!これを励みに更に上を目指して頑張ろう。
私たちも無限の支援を惜しみませんよ。
 

2013年6月21日
タペストリー3

image

タペストリーは、
全校生徒が空いた時間を利用して
寄ってたかって(?(笑))作り上げました。
 
すると、こんなクラスも。

image

各自の一文字を書く前に
リーダーが作戦会議。
 
「何の打ち合わせ?」と尋ねると
「全員の一文字で文を作るんです!」
 
見ると、
クラス24名分の24文字の漢文が。

image

「誰が作った文?」
「辞書を引きながら、みんなで考えました。」
 
素晴らしいアイデアです。

勉強をすることの大切さと
友の大切さ。
生徒たち自身の中に
しっかりとした認識が根付いています。
嬉しくて、心が打たれました。
(本当だよ。みんな、立派です。)
 

image

作戦会議のあとは、
いつもの通り
あーだ、こーだと賑やかに
ちょっとした失敗なんかもしながら(笑)
(大丈夫、写真には写ってないよ(笑)。)
仕上げてくれました。
 

2013年6月12日
タペストリー2

image

タペストリーの葉は
全校生徒の手形です。

image

各自、昼休みなどの空いている時間にホールに来て、
クラスの枝に沿って手形を押しました。
手形の中央に自分の好きな一文字を記すことになっています。

image

見てみると
とても温かくて、優しくて、ポジティブな言葉が並んでいます。
「これは鏡だ。生徒たちの心の鏡だ。」
そう感じたのは、私だけではなかったはず。
 
クラスで人数分の文字数の漢文を作って、
それを記したクラスもあります。
 
豊かな発想で、与えられた以上のことにして取り組む生徒たちの姿勢に、
とても嬉しくなりました。
 
「いいね」をたくさんあげたい気持ちです。
 

image

去る3月20日に盛岡で行われた
吹奏楽アンサンブルコンテスト。
本校からは、東関東代表として
2チームが出場しましたが、
 
見事、2チームとも金賞を受賞しました!!(大拍手!)

image

新聞の写真にあるように
クラリネット四重奏(高校生チーム)と
木管八重奏(OGチーム)の2チームです。
 
いや~、金賞は素晴らしいですね。
全国トップですから。
日本全国に高校生が約300万人いますが、
クラリネット四重奏を吹かせたら
この4人が一番上手い、ということですよね?
嬉しいです。
 
という訳で、
この2チームには、学園からも
「学園長賞」が贈られました。
 
OGチームは、8人中6人が聖徳大学生ですので、
まず大学の新入生オリエンテーションの中で披露があり、

image

(見てください、この笑顔(どや顔?)(笑)。
約1700人の新入生の前で、余裕の表情です。)

image

image

学園長先生から
「こんなに素晴らしい先輩がいるんですから、
新入生の皆さんも頑張るように。」と
お褒めの言葉をいただきました。

image

そして、4月27日の学園の創立記念日式典では、
2チームともに全教職員の前で表彰されました。
 

image

image

高校生チームは演奏披露も行い、
幼稚園から大学までの先生方を魅了しました。

image

(今日も素晴らしい演奏でしたよ。ありがとう。)
 
こんな誇らしい生徒たちが
これからもどんどん輩出されるよう、
微力ですががんばろうと思いを新たにした一日でした。

 

image

また朗報です。
 
本校中3の米川さんが
「第10回新聞切り抜き作品コンクール」(東京新聞主催)で
見事 最優秀賞を受賞しました!(拍手っ)
 
作品は、これ。

image

題して「果てしない宇宙の知られざる神秘(ミステリー)」。
 
一都六県2507点(内、中学生1181点)から
見事 第一位です。
 
米川さんは一年間をかけて、気になる記事を
3~4社の新聞から集め、
今回「宇宙」をテーマに
素敵なレイアウトで切り抜き作品を完成させました。
 
「一つ一つの記事に要約と感想をまとめて文章にするところが一番苦労した。」とは本人の弁。
 
ただ単に、記事を切ってきれいに貼る、というのではありません。
 
本校でも常日頃より
新聞を使って、文章を読んだり、要約させたりして
読解力や言語能力の向上を図っています。
 
クラスで新聞をとっていますので、
各ホームルームに毎朝新聞が届きます。(本当)
 
各クラスには、新聞を貼るスペースがあって、
第一面が貼られます。
 
今回のコンクールでは
読解力や言語能力のことがテーマにあがっていましたが、
私たちはそれと同時に
生徒たちに「社会を見る窓」を作ってあげたいと考えています。
 

聞けば、新聞はとっているけれども、一面はあまり読まない、という生徒が多かったので、
ともかく新聞に慣れよう、
毎日一面に触れよう、
そうすれば次第に書いてある意味も理解してきて
社会のことがもっとわかるようになるだろう、
そうすれば、将来自分がこの社会でどんな形で貢献できるかを具体的に考える材料になるだろう、
そうすれば、自分が何を勉強すればよいかももっとはっきりするだろう、
 
というつもりで
5年くらい前から教室に新聞をとることを始め、
今日に至っています。
 
 
米川さんの受賞は、
教室に新聞をとっていたから、という訳ではないでしょう。
知的好奇心旺盛にコツコツと記事を集めた小さな努力と
それをまとめてみようという大きな志の成果です。

私たちも
生徒たちには、教科書を見つめさせるばかりの学習ではなく、
広く大きな世界に目を向けて
大きなスタンスの学習をさせていけるよう心がけていきたいと思います。

2013年2月19日
管弦楽も1位!

朝、学校に着いたら
管弦楽部の生徒がトロフィーを持っていました。
 

「おめでとう。」
前日に顧問から一早くメールをもらっていたので、
トロフィーの意味はすぐにわかりました。

image

管弦楽部は、
2月2日に銀座で行われた
「山野ストリングスアンサンブルコンテスト」で
弦楽六重奏 1位!
ベストアンサンブル賞 を受賞したのです。
 
「良かったね。良くがんばったね。」
という訳で、とりあえずパチリ。
 
でも、せっかくなので
みんな揃って記念撮影。
会食の時に集まってもらいました。

image

管弦楽部は、吹奏楽部ほど人数はいませんが、
美しい音色作りのために
頑張っています!
 
応援してますよ。
これからもファイト!