image

毎年のことですが、
中学入試の時には
本校の「保護者茶道部」の皆さんが
初釜を炊いてくださいます。

 
以前にも書きましたが、
本校は
「保護者の皆さんもご一緒に入学なさったおつもりで
学園生活を楽しんでください。」
という学園ですので、
保護者にも部活(=サークル)があるんです。
 
もちろん参加は任意ですが、
大勢の方が色々なサークル活動を
楽しんでいます。

 
この初釜は
試験の終了を待つ間、
保護者の皆様には

image

せめて 心静かに
ひとときを過ごしていただければ、との
ご配慮で、数年前から始められました。

 
「せっかくだから、
先生も召し上がっていって。」
「いや、私は仕事がありますので…。」
と、一旦はお断りしたのですが、
「まぁ、そんなことはおっしゃらずに。」
とすすめられ、
美味しそうなお菓子にも釣られて(笑)
ごちそうになりました。

 
すると、
出された御碗がなんと!
(ちょっとこの展開が多いですか?(汗))

image

「お多福」。
(こいつは春から縁起がいいやぁ。
って、急に江戸っ子?(笑))
 
「どう?センセ。かわいいでしょ?」
「そ、そうですね。(・・;)」
(しかし、どうやって飲むんだ?
回したら、サイドは丸くないぞ。)

 
「何考えてんですか?
軽くちょっとだけ回して飲んでくださいな。」
了解。

 
という訳で
私も一服ごちそうになりました。

image

 
 
茶道部の皆様、
お忙しいところを
着物までお召しいただいて御協力賜り
誠にありがとうございました。

 
皆様にも
多くの福が訪れますことを
お祈り申し上げ、
御礼の言葉とさせていただきます。